お打ち合わせ

お打ち合わせ

お客様がご希望の製品特性を明確にし、金型構造(パート位置、ゲート位置など)を決定いたします。また、生産計画を確認し、金型取り数などを決定いたします。

光学設計

光学設計

お客様のご要望に確実にお応えするために、金型加工性・生産性を考慮した、光学設計を行います。

金型製作

金型製作

独自に最新鋭の設備を導入し、光学設計に忠実な寸法精度の金型を加工いたします。安定生産が可能な体制を整えており、かつ耐久性を考慮し、使用する鋼材の種類、熱処理等にも配慮した金型製作を行います。

試作(プロット)確認・性能評価

試作(プロット)確認・性能評価

お客様がご要望のレンズ特性の要件を満たしているかをしっかりと確認し、量産フェーズにおいての生産性の見極めを行います。
また、正確な評価体制で、光学性能・寸法精度・形状の性能評価を行います。

量産

量産

生産性を確認した後に、品質の安定性を考慮したレンズ成形を行います。

検査・出荷・納品

検査・出荷・納品

検査基準を明確にし、高精度な検査が可能な方法を確立し、安定した品質の製品を出荷いたします。輸送時の振動・衝撃に耐えうる梱包仕様を考え、安心していただける品質での納品をお約束いたします。