配光パターン変換レンズ-LED照明用レンズの製造事例をご紹介いたします。

LED照明の配光パターン変換レンズ

特性について

「配光パターン変換レンズ」を光源の光束出射部に付加することで 光源がもともと持つ配光パターンを変換します。

配光パターン変換
配光パターン変換後

展示風景

展示風景

下方からの円形の光束を、配光パターン変換レンズで三角の光束に変換し、ハーフミラーで壁面に投影

設計のポイントについて

光源からの光束出口付近に付加することで配光パターンを変換するレンズです。 光源の配光特性を正確に把握することがこのレンズを設計するポイントになります。回転対称非球面だけではなく、回転非対称非球面をも駆使することで所望の配光パターンを作り出しています。

活用用途について

店舗用、家庭用スポットライト

LEDレンズ・プラスチックレンズ成形のジュラロン工業

インターネットからのお問い合わせ

ページの先頭へ